稼働を確認!終日差枚数データ表は設定師の重要な情報源

データロボで終日差枚数を確認して、パチンコ屋の売上と利益を逆算する事で回収時期を回避しつつ、開放時期を狙い撃つ。店長が出玉調整する為に重要視する情報が差枚数と稼働率なのだ

毎月ノルマ達成する為に四苦八苦している店長は、閉店した後、ホルコンから差枚数と稼働率を集計したデータ表を吸出します。私が設定師の見習いだった時も差枚数と稼働率を集計したデータ表を渡されましたょ~orz

その時の設定配分を決める方法は、差枚数と稼働率を集計した資料を見て、マニュアルに従って設定変更します。まさか!まさか!まさかぁ~本当に設定師マニュアルが存在するとはな

毎日毎日たんたんと、差枚数と稼働率を集計した資料を見て設定変更してましたょヽ(゚◇゚ )ノ

吸い込んだ差枚数を把握しておけば、そろそろ高設定が入ると思った時に設定の変更判別する立ち回りが有効となるのだ。どのくらい吸い込んだら高設定にするのか? ほどんどの場合は毎月の目標利益によって決まると思いま~す \(^o^)/

土曜、日曜、祝日で回収し過ぎたら、平日は高設定を投入して出玉を還元するんだょヽ(゚◇゚ )ノ

低設定で予定通り回収できなかったり、出玉が事故って大赤字だった時は、兵器で平日ベタピン確定になるから恐ろしい。回収時期があったり開放時期があるのは、毎年もしくは毎月の利益目標がある為です。開放時期は設定師の思惑によって決まりま~す \(^o^)/

回収してから開放するのか?

開放してから回収するのか?

新台入替だけ開放して普段は回収するのか?

まんべんなく平均的な調整するのか?

すべては設定師の思惑で決まる現実(ノ゚Д゚)よし!

開放するか、回収するか、月始めから今日までの差枚数と稼働状況を参考にして、これからの設定配置を決めるんだから高設定は狙えます。差枚数と稼働率を集計したデータ表を見てから、毎月ノルマ達成できるか考慮した上で設定変更するのだから……

設定師も人間なのだから、高設定の投入タイミングと設定配置は個性でるもんです。私が勤務していたパチンコ屋は、目標利益に届く算段が付いたら開放していく感じで設定配分してました

設定師にとっての差枚数データ表とは、差枚数と稼働率が目標数値に収まったか確認する為の資料なのです。狙い通りの出玉演出できたか確認する為に、差枚数と稼働率をみて再確認する重要な情報源だと言えるでしょう

設定師は安定した稼働を好み、想定した差枚数で出玉演出しようと考えるから、差枚数データ表から設定師の思惑を見破り高設定Getしましょう

パチンコ屋に設置されてるデータ機器に表示されてるスランプグラフを参考にして差枚数データ表を作成すると、パチンコ屋の利益すべてが分かります

差枚数データ表の作成は、スランプグラフを参考にする
稼働ゲーム数、ボーナス回数、大当り履歴を参考にする

差枚数、稼働ゲーム数、ボーナス確率と回数、ART確率と回数を集計する
めんどくさい場合は、差枚数と稼働ゲーム数だけでも良いと思います

終日差枚数と稼働ゲーム数だけで、ある程度は開放時期と回収時期は実感できるはずw

終日差枚数データ表を見て分かる事

ホール全体の売上と利益を把握すると開放時期が分かると思います。シマ単位の差枚数は出玉演出の狙いを推し測る為に参考にするんだょヽ(゚◇゚ )ノ

スロット1台あたりの終日差枚数と機種別の合計終日差枚数で高設定の使用率が分かると同時に設定師の評価そのものだと受け取りましょう \(^o^)/

ホルコンで集計される差枚数データ表は、どこのパチンコ屋でもトップシークレット扱いです

これでパチンコ屋の売上と経常利益は丸裸だべ (笑

パチンコ、スロット雑誌に掲載される解析記事について

スロット雑誌の解析数値は、メーカー各社の提供(ノ゚Д゚)よし!

たしかに昔は最新スロット機種を仕入れて基板を取り外し、ROM解析を依頼していた。しかし最近のスロット雑誌は解析していません。メーカーに提供された情報を解析値として公表している為、どの雑誌も同じタイミングで解析情報が掲載されます

同じタイミングで解析記事が掲載される理由は、先走って公表しちゃダメだょ~というメーカーの情報統制が原因なんだな。スロット雑誌独自の解析記事は現在ほとんど存在しないだろう

昔の雑誌は本当にROM解析を依頼していたから、オリジナリティー溢れる解析記事でしたねw
今は技術的に無理なのか、それともパチンコ関連のメーカー各社からの圧力なのか?

永遠に公表されない隠れた数値も多いはず。抽選方式、乱数の取得方法なんか絶対に公表されません。ちなみに最優先で公表される数値は設定判別要素と演出期待値です

メイン基盤の役割は、設定、子役抽選、ボーナス抽選する事です

サブ基板の役割は、設定に準じた、AT、ART、擬似ボーナスを抽選する事であり
射幸心を煽る期待感ドッキドキ演出を制御する事ですね (o^-‘)b

高確、低確、モード移行率などの設定判別要素はサブ基盤で処理してるんだょ~orz
設定1のボーナス確率で設定6のART突入率みたいな調整も十分可能です

ちなみに4号機の獣王は、メイン基板の設定とサブ基板の設定は別々にセットできます
信じなくても良いけど、過去に私がスロプロ軍団を退治した時に店長が教えてくれました

店長は、サミー営業が教えてくれたと言ってました。サブ基板をテストする為に、サブ基盤にも独自に設定が用意されているが、故障リスクが大きいので故障しても責任とれないそうだw

スロットは解析情報を知っていれば、狼狽しないで冷静に設定判別できる。解析情報を知らなくても開放台を用意する判断要素は差枚数と稼働率なので、パチ屋の特徴を知る事が大切だと知れ

サブコンテンツ

このページの先頭へ