レジサポで判断するトレンドフォロー投資戦略

相場参加者のポジション、仕手筋の思惑などの需給バランスを後付けで教えてくれるのが、一目均衡表の雲ですょヽ(゚◇゚ )ノ

一目均衡表の極意は雲の性質を踏まえたうえで値動き推移を判断する事である。一目均衡表の雲は、いろいろな性質の違いや強弱の違いはあっても、レジスタンスである事に変わりありません

雲に対しての値動き推移を基準にして一目均衡表を分析するのが基本であり、後付けで相場参加者のポジ比率も分かるので、ファンダ分析と照らし合わせると仕手筋の思惑が読めるはずです

分厚い雲ほど嵌め込まれた投資家が多い。分厚い雲に突入して突き抜けた場合は、個人投資家が大底で損切りしたポジションを仕手筋が拾い捲ったと言う事です。雲抜けしたけど失速して暴落したら、仕手筋がドテンして売り回転しているのだろう。もしくは撤退したのだと思います

一目均衡表をPC画面に表示させ、リアルタイムで値動きを追い続け、後付けでもいいから上記の理由で値動き推移していると仮定すれば、一目均衡表の雲へ突入した時点で続騰しようが失速しようが仕手筋の仕掛けだと実感できると思います

一目均衡表の雲上や雲下は、強固なレジスタンスになるので何度も行き来するレンジ相場になりやすい。雲を明確に突破しても、すぐに戻る事もあるから難しいけど、素直にブレイクした方向へポジションを組む事がトレンドフォローの基本だと言えるでしょう

トレンドを察知する為に私が使っているテクニカルは、MACD、移動平均線、一目均衡表です

短期トレンドは1分足や5分足や15分足などの短期足で判断する。中期トレンドは30分足や60分足や4時間足などの中期足で判断する。長期トレンドは日足や週足や月足などの長期足で判断する。つまり短期足や中期足や長期足それぞれのローソク足でトレンドを見極め、世論操作を踏まえて相場参加者の気持ちを考えると仕手筋の思惑を感じられるはずです

情弱は卒業しよう仕手筋の投資戦略(ノ゚Д゚)よし!

驚異的な資金量と情報を支配する戦闘力で強引な値動き操作できるのが仕手筋であり、仕手相場を創造しつつ世界の金融市場を支配しているのです

仕手筋の基本戦略は単純です。株を買い集めたい時は総悲観に誘導して損切りを促し、株を売り捌きたい時は総楽観に誘導して買い遅れ涙目ジャンピングキャッチさせるだけなのです

そもそも投資とは、心理戦や情報戦であり、仕手筋は投資のプロなので1枚も2枚も上手なのだから、個人投資家は太刀打ちできません。金融市場で稼ぐ為には仕手筋の思惑を読み、情報を鵜呑みにせず、最初から決まっていた出来レースだと念頭に置いて取引するのが肝要だと思います

買い集めてバイーン! 買い集めてバイーン! 買い集めてバイーン!

これこそが嵌め込み投資戦略の極意であり、所詮この程度だと言えるです。金融市場は戦場だと理解しろや(ノ゚Д゚)よし!

仕手筋の玉集め戦術 ①

三角持合いなどのレンジ相場を意図的に創造して、レンジ下限で分厚い買板を出しつつ、レンジ上限で分厚い売板を出す感じかな? 急落した後とか急騰した後にボックス圏を演出すると自然な値動きに見えるから、ただいま仕込み中だとは誰にも分かりません。こんな感じで仕込みやすい需給バランスを微調整するのが玉集め戦術です

仕手筋の玉集め戦術 ②

大量の買い注文を入れてガンガン買い続けると、すぐに大量の買建ポジションが得られます。このような展開になると、ローソク足が三空になる場合が多くなり、その後は高確率でジリ上げ管理相場に突入します。仕手筋が仕込み終わった後にジリ上げ管理相場へ移行する理由は、市況の雰囲気を総楽観へ誘導する為です。市況が総楽観になったら急上昇させて利食います。もちろん急騰してから全戻すような乱高下で仕込む事もあるけどな

仕込んだポジを高値で売り抜ける仕手筋の基本戦術

もっとも難しいのが利益確定である。だからこそ世論操作や値動き操作を駆使して総楽観に誘導するのです。つまり仕手筋の利食いを吸収するであろう投資家を高値圏で大量発生させるのだ

買い遅れ涙目いますぐ買わないと乗り遅れちゃうと狼狽させつつ、追加購入を考えてる投資家には下がる要素ないから安心安心。持ってれば、そのうち上がるから大丈夫……みたいな総楽観を印象操作で演出して夢の世界を提供するんだょヽ(゚◇゚ )ノ

こうして騙された鴨が仕手筋の利食いを受け止めてくれるのです。仕手筋の嵌め込み戦略は常にワンパターンであると理解しましょう (o^-‘)b

サブコンテンツ

このページの先頭へ