投資家の資質!ギャンブラーの資質!私の投資哲学は完成した ^^) _旦

投資家の資質とは自分の決断に運命を委ねる事ができるかどうかで決まります。現状を打破するチャンスが目の前にあっても稼げない投資家は気付きません。というより気付いても躊躇するもんだ。稼げる投資家なら相場参加者のポジションと心理状態を意識してチャート分析します

広い視野で情報を集め、嘘を見破り、チャートから需給バランスを考え、いろいろな視点から総合的に判断する事が大切であり、常に仕手筋の思惑を意識する事が投資家の資質を向上させる重要なポイントだと思います。とはいえ、思惑を見破っても実際に投資しなければ、絵に描いた餅だと理解しましょう

どんなに勉強しても、努力しても、リスクを受け入れる覚悟がなければ、投資で利益を狙う事は絶対に無理です。利益を得る極意は、もっとも恐ろしいタイミングでポジションを組み、仕手筋の思惑を見極め決断をする事だと思います

恐ろしい相場状況だけど利益を狙える自信がある時は、リスク受け入れて大胆に行動する心意気が大切なのだ。稼げる投資家は、例外なく自分の決断に運命を委ねる覚悟がある投資家なのです

どんなに優れた投資センスがあっても、プレッシャーに弱い投資家は必ず狼狽して自滅するから負け続けます。それでも少額であれば毎月の収支は安定しますが、命懸けの勝負だと勝ち目はないでしょう。だからこそ小心者は大損しても笑える程度の資金で運用するしか選択肢ありません

投資の才能があってプレッシャーに強い投資家は客観的に分析できるタイプだと私は思います

向き不向きは絶対あるので、自分自身を客観的に見極めてから
自分の投資スタイルを構築して逝きましょう ∩(´∀`)∩

決断しない行動しない投資家は永久に成功しません (o^-‘)b

貧乏人が億の世界へ到達できる可能性について考えてみた。宝くじ当選、金融取引、アフィリエイト、小説家デビュー、貧乏から脱出する為には覚悟を決めて大勝負するしか方法ないのだろう

まったく同じ情報でも正反対の捉え方をする勝組と負組 ( ..)φメモメモ

稼げる投資家と稼げない投資家の違いについて考えてみよう。どうして勝組と負組は同じ情報を共有しても正反対の捉え方をするのだろうか? 同じローソク足でも勝組と負組は正反対の判断をするから不思議だね。勝ってる投資家は自分なりの投資法を普段から考えて実際に検証し、勝てる理論で期待値を計算して勝負している。負けてる投資家は他力本願だから、同じチャートを見ても正反対の判断をするのかもしれない

負け続ける投資家は勝利の方程式を習得すれば良い。とはいえ勝利の方程式を習得している投資家は少ないと思います。投資で稼げる方法が知りたい投資家を狙った詐欺商材だらけやんw

じゃ~どこで教えてくれるんじゃ~orz
Anpontanの部屋でしょヽ(゚◇゚ )ノ


チャートの値動きは過去の出来事である。Anpontanの部屋を読めば分かるのさ

勝利の方程式さえ理解できれば、もう大丈夫。ローソク足と会話する特殊能力で儲ける勝利の方程式だもの。毎日チャート分析していれば、ローソク足のメッセージも読み取れるはず

毎日リアルタイムで注意深く値動きを見守ってると、過去に経験した値動きが深層心理に刻み込まれながら徐々に蓄積されます。そうやって蓄積された経験が直感として感じるから稼げるのだ

なぜ?そう思うのか (^。^)y-.。o○

個人投資家を嵌め込む時に使う手法が、毎度毎度ワンパターンで芸がないからである。そうやってローソク足からメッセージを読んで会話するのが勝利の方程式なんです

勝てる投資家の常識は負ける投資家にとって非常識なのです
負ける投資家の常識は勝てる投資家にとって非常識なのです

だからこそ負け続けている投資家に勝利の方程式を教えても理解されないのです。

勝ち続ける投資家にとって、運の要素も考慮するが運頼みの勝負はしない事と、利益確定も損切りも最初から想定してから勝負するのは常識だと思いますが、負け続ける投資家は他人の分析を鵜呑みにするでしょうね。だから負けてる投資家は含み損から目をそらして現実逃避すんだよ

勝組投資家は最初から最後まで想定内だから狼狽しませんょ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ