値動きを必死に追いかけたら負ける不思議

買い遅れ涙目でジャンピングキャッチ、売り遅れ涙目で突っ込み売り、どちらも持たざるリスクに怯えて機会損失を恐れた結果なのである。すべての値幅を取る為に追い続けたら負ける不思議

派手に上昇して移動平均線から大きく乖離した状態で順張りするのは危険です。株価が順調に上昇している時ほど投資家心理は強気になりやすい。買い遅れ涙目の初心者であれば、疑心暗鬼で躊躇している間に、どこまでも上昇して逝く株価を見て狼狽するのが普通です

そうなると今すぐ買いたい誘惑に駆られ、ジャンピングキャッチしてでも欲しい心理状態になります。こうして皆さん嵌め込まれて逝くのです。だからこそ相場に乗り遅れたと思ったら、素直に諦めて様子見しながら次のチャンスを虎視眈々と狙うのか、無限ナンピン前提でジャンピングキャッチして天井サインでたら素直に手仕舞いするのか決断しましょう \(^o^)/

大儲けした後の取引は調子こいたら高確率で破綻します

含み益を大きく育てて利益確定できた時ほど気持ち良いもんです。それも材料が出て短期間で急上昇した後に高値で利食いできたなら格別の気持ちよさでしょう \(^o^)/

そうなると、気が大きくなって慢心してしまうのが人間というもんです。人間の欲は際限がないから、大勝ちした後はさらに大きな勝負したくなるものです。勝ち続ける限りドンドン強気になるから、調子に乗って欲望の赴くままに取引すると致命傷を喰らって破綻するでしょう

大儲けした直後は独特の高揚感に酔ってしまうので、そのまま強気で大勝負すると致命傷を負う可能性が高い。そうならない為にも、冷静さを取り戻す為に相場を休みましょう \(^o^)/

休むも相場という相場格言ありますが、欲に目が眩んで取引していると、持たざるリスクを必要以上に恐れて、買い遅れ涙目ジャンピングキャッチで致命傷を喰らって高値掴みするから、軽率に決断すると死んじゃいます、ノーポジで様子見しながら冷静さを取り戻すのだ

爆益の後は素直に相場を休んで次のチャンスに備えましょう

手仕舞いした後の相場展開は気にする必要ありません

自分が売った後に急上昇したら、めちゃくちゃ悔しい。損切りした直後だったら、悔しいどころか吐き気で気持ち悪くなるから悲惨だね。そんな負の感情に支配されると後々の取引に悪影響を与えてしまいます。負け続けてる投資家は過去の取引を振り返ってみれば心当たりあるはずです

冷静に考えれば普段やらない愚かな行為でも、損切りした直後の急上昇で狼狽するから結果的に買い遅れ涙目になり、衝動的に取引してタラレバ言い訳する投資家は多いはず

そうなると全体の相場が好況でも、自分だけが負け続ける取引を繰り返すようになるから不思議です。頭と尻尾はくれてやれ相場格言もあるが、落ちるナイフを拾うより仕手筋の思惑を読んで上昇トレンドの初動を狙い撃つのが王道だと思います

欲望に心が支配されると都合の良い情報しか見えませんょ~orz

サブコンテンツ

このページの先頭へ