その場の雰囲気で認知バイアスが偏ると正常な判断力が奪われます

ポジションを組んだ後、含み益や含み損に一喜一憂してしまい、利益確定や損切りのタイミングを逃し、客観的な視点で相場を判断できなくなる本当の理由は認知バイアスにあります

認知バイアスとは、投資家なら誰にでもある気持ちの揺らぎ思考の偏りである。ほとんどの投資家は与えられた情報で判断するしかなく、どうしても裏付けを取る事ができません。アナリストやニュースなどのメディアは、投資家の思い込みや勘違いを誘発させて世論操作する事も可能なので、大底付近では総悲観になるように思考を偏らせて認知バイアスを誘発させて投資家を欺くのである。天井付近で総楽観になる理由も同じなので、与えられた情報は参考程度にするべし!

では認知バイアスの影響を受けたくない場合はどうするか? 私の場合は、ファンダ要因すべてを参考程度に留め、チャート判断テクニカル分析を素直に受け入れ、売り買いシグナルを読んで機械的に取引を繰り返したら、認知バイアスに影響されずに取引できるようになりました

チャートは正直者だから、なにもかも織り込んでいます。とはいえ、チャートは未来を予想するものではなく、過去の出来事をローソク足で表現したものに過ぎません

不思議な事に、同じチャートを見ても、10人が10人ともバラバラの解答が得られます。買いたい、売りたい、様子見したい、回答がバラバラなのです

それは何故なのか? おそらくですが、投資家それぞれの見る視点や時間軸そして価値観が違うから、上昇するようにも感じるし下落するようにも感じるからだ思います

含み損を抱えて苦しんでいる時ほど、自分にとって都合がいいチャートにセットアップできる事を意味します。そうなれば、テクニカルや時間軸を変更して自分が助かる可能性を示唆した指標に縋り付くでしょう。こうして認知バイアスが偏り、正常な判断力が奪われて逝きます。認知バイアスが偏ると、自分にとって都合がいい情報以外はシャットアウトするものだと知れ (o^-‘)b

認知バイアスが偏り、正常な判断力が奪われた時の対処法

自分自身を客観的に見られる人は少ないです。というより、認知バイアスによる偏りがない人は存在しないでしょう。なぜならば、心の揺れ動きが認知バイアスの本質だからです

なにか都合が悪い事があって動揺する気持ちが芽生えるからこそ、自分を正当化する為に思考が偏り、認知バイアスの症状が悪化して逝くでしょう。認知バイアスについて、もう少し掘り下げて考えてみると対処法が分かるかもしれません。なので認知バイアスの特徴を整理してみました

負けてる投資家ほど、ダニング=クルーガー効果によって自分が優秀であると思い込む

パチンコで大勝ちしたら自分の実力だと思い込み、1000回転以上の大ハマリと単発を繰り返して大負けしたら、パチンコ屋が裏操作しやがったと愚痴るのが、自己奉仕バイアスの特徴です

ファンダやテクニカルのほとんどは仮説で成り立っており、根拠が正しいとか間違ってるとか関係なく、たまたま一致しただけで重要視してしまうのが確証バイアスである。つまり自分が見たい景色だけを見つけようとするから、ドンドン正常な判断力が奪われて逝きます

天井サインが点灯していたのに、どうして私は躊躇したのだろうか。欲豚にならず、素直に利益確定していれば大勝ちだったのになぁ~とか言い訳したり、私が予想した通りになったでしょうとか、後出しジャンケンでドヤ顔するのが後知恵バイアスの特徴です

人は見た目に影響されます。力強く上昇し続けると総楽観になり、どこまでも暴落し続けると総悲観になります。このように自分が求めるイメージを無意識に思い込むのが、ハロー効果です

常時チャートに表示しているテクニカルが多過ぎる投資家は、あきらかに情報バイアスが偏っており、必要ない情報も取り入れるから情報過多になって優柔不断になりやすい

新しい情報は、自分の直感イメージに多大な影響を及ぼします。投資家に与えられる情報の順番次第では、いくらでも受け取る印象は変わります。こうして投資家の思考は偏って逝くのです

たんまりある含み益を見ながら至福の時に酔い痴れていたら、突然の急落で強制ロスカットされてしまい、たった数分で目の前から軍資金1億円が溶けた現実を認識できず、心のどこかで嘘だと思っているのが、正常性バイアスの特徴です。含み損を抱えた時の投資家心理でもあるが……想定外に抱えた含み損から目をそらし、心のどこかで嘘だと思うものです。たとえ自分が最初に決めた投資判断で売りサインが点灯したとしても、これはダマシだから反転上昇するかもしれないと疑心暗鬼になったり、長期では上昇トレンドだからと言って短期の天井サインを軽く考えて否定するから判断が遅れて含み益が含み損に転落したりするので、正常性バイアスは恐いのです

今の状況を客観的に判断できなくなる……いや自分にとって都合が悪い状況だから客観的に判断したくないのでしょう。誰だって損失を確定するのは嫌なんです。もしも損切りせずに持ち続けたら助かってしまう場合も多いのだから……むしろ損切りしない根拠や持ち続ければ助かる根拠を探し始めると思います。こうなった時点で正常性バイアスが偏ったと自覚するべきでしょう

認知バイアスの対処法は、ファンダ要素を参考程度に留め、明確な買いポイントと売りポイントをテクニカルで割り出して設定する事である。それ以外の相場状況は様子見に徹するべし

認知バイアスが偏ると正常な判断力が奪われる理由が分かったでしょヽ(゚◇゚ )ノ

サブコンテンツ

このページの先頭へ