ショートバタフライの使い方 \(^o^)/

■ ショートバタフライで合成ポジを組んだ場合 (o^-‘)b
ATMコールオプション買建1枚、ATMプットオプション買建1枚
OTMコールオプション売建1枚、OTMプットオプション売建1枚
上記4つで構成した合成ポジションです

これが基本形でありロングストラドルのタイムディケイを軽減させる為にショートストラングルでヘッジするオプション手法です

ブルスプレッドの両建て合成ポジションだと考えましょう \(^o^)/
つまり最初から最大利益と最大損失を確定した手法なんだなw

ショートバタフライはセータがマイナスだから、想定した値に届いた時点で手仕舞いするのが定跡であり、時間が経過するほどタイムディケイの損失が大きくなって期待値が低くなります

SQまでの残存日数が多いほどオプションのプレミアム価値は大きくタイムディケイの影響が小さいからショートバタフライの仕掛け時だょヽ(゚◇゚ )ノ

ショートバタフライ期待値 (o^-‘)b

■ SQまでの間に値段が大きく変動すると感じる時

ATMコールオプション買建1枚、ATMプットオプション買建1枚
OTMコールオプション売建1枚、OTMプットオプション売建1枚
デルタ ⇒⇒⇒⇒⇒ ニュートラル
ガンマ ⇒⇒⇒⇒⇒ プラス【+】
ベガ ⇒⇒⇒⇒⇒ ニュートラル
セータ ⇒⇒⇒⇒⇒ マイナス【-】

ショートバタフライの特徴 (o^-‘)b

デルタとベガはニュートラルなので考える必要は特にありません

ガンマはプラスなので力強く値動きすると味方になるけど
穏やかな値動き推移なら強敵になりますょヽ(゚◇゚ )ノ

セータは常に強敵だから時間が経過するほど期待値が下がります
想定した値をブレイクしないと利益でない合成ポジションだからね (o^-‘)b

サブコンテンツ

このページの先頭へ