プットオプション買建について説明しよう \(^o^)/

プットオプション買建とは決められた期日に
日経225先物を決められた価格で売建する権利を買建する事です

もちろん日経平均が行使価格に届かない時は紙屑になります。最大リスクは購入する時に必要な最低必要証拠金だけだから絶対に追証は発生しません

プットオプション買建はプレミアム価格が最低必要証拠金になり、行使価格を超えた後なら日経225先物ラージ売建と同等の利益が期待できます

行使価格に届かなければ紙屑だからね (o^-‘)b

行使価格に届かなければ紙屑これがプットオプション買建のデメリットです
つまり購入した時に使用した最低必要証拠金が消滅すると言う事だなw

SQが近くなると必然的に時間的価値は加速度的に減少するのでタイムディケイが増大します。残存日数に比例してセータは強敵となるから要注意!

とは言っても屑オプの行使価格に届いたら爆益確定だから美味しいね

プットオプション買建を軸に組む合成ポジションとは (o^-‘)b

ATMプット買建のタイムディケイを軽減する為にOTMプットを売建する
ブルプットスプレッドの合成ポジションになります

ATMプット買建のタイムディケイを軽減する為にATMコールを売建する
ブリッシュシンセティックの合成ポジションになります

ATMプット売建のデルタリスクを軽減する為にOTMプット買建する
ベアコールスプレッドの合成ポジションになります

ATMプット買建のデルタリスクを軽減する為にATMコールを買建する
ロングストラドルの合成ポジションになります

プットオプション買建のリスクヘッジで注目するポイントは
デルタリスク、タイムディケイを軽減させる事です

プットオプション買建の期待値 (o^-‘)b

デルタ ⇒⇒⇒⇒⇒ マイナス【-】
ガンマ ⇒⇒⇒⇒⇒ プラス【+】
ベガ ⇒⇒⇒⇒⇒ プラス【+】
セータ ⇒⇒⇒⇒⇒ マイナス【-】

プットオプション買建の特徴 (o^-‘)b

デルタはマイナスなので日経平均が下落した分だけ利益が期待できます
もちろん上昇したら、その分だけ損失になるょヽ(゚◇゚ )ノ

ガンマはプラスだから日経平均が下落すると味方になります

ベガはプラスなのでボラティリティIVが低水準の方向に動けば強敵になる
もしもボラティリティIVが高水準の方向に動けば味方になる

時間的価値であるセータは常に強敵となります
セータに負けない強さで日経平均が下落すると利益が発生します

ボラティリティIVが高水準にある場合は
タイムディケイの損失リスクが増大するから要注意ですょヽ(゚◇゚ )ノ

ボラティリティIVが低水準の時に大暴落すると感じた時こそ
プットオプション買建の仕込み時だと理解しよう \(^o^)/

サブコンテンツ

このページの先頭へ