オプション売建は人生おわたぁ~となる諸刃の剣なり

オプション売建について説明しよう \(^o^)/

日経225先物オプション売建とは指定された期日に定められた価格で自分が保持しているポジションを行使するか?その前に手仕舞いするか?自分で判断して利益を追求する目的でポジションを組むもんですょヽ(゚◇゚ )ノ

オプション売建の最低必要証拠金は割高ですが平均勝率90%も期待できるので簡単に利益を積み重ねる事ができます。しかし、たった1枚のオプション売建でも日経225先物ラージ1枚と同等の損失を喰らいますので行使価格に届いちゃったら損切らないと致命傷を負いますょ (o^-‘)b

基本的にオプション売建は高勝率だからローリスクだけど
たった1回の負けで致命傷を負うハイリスクな投資法ですね (o^-‘)b

しかも期待できる利益はプレミアム価格の分だけ?ローリターンなんだよな

オプション売建は指定された期日に算出されたSQ価格に対して指定された価格の権利を必ず行使する必要性あるので最大損失が無限に膨らみます

不公平に感じるがオプション買建は権利行使しなくても良い
しかしオプション売建は必ず権利行使しなくてはならない

だからかな?昔から裸でオプション売建するのは無謀だと言われるんだなw
そりゃ行使価格に届いた時点で損切らないと致命傷を追うってんだから怖い

しかも値動きによって必要な証拠金が変化するので追証対策も必要です
基本的に最低必要証拠金は、ボラの大きさに比例すると考えましょう

オプション売建1枚の危険性は日経平均が行使価格に届いた時点で
日経225先物ラージ1枚と同等のリスクが発生します

しかし日経平均が行使価格に届かなかったらプレミアム価格が利益になる

このようなリスクに対応する為に
オプション売建する時は合成ポジションを組むのが定跡なんだがなぁ~orz

現値から離れた行使価格オプションはプレミアム価格が安い
その分だけ高勝率が期待できるから枚数を多くポジっちゃう気持ちが危険

たしかに現値から離れた行使価格オプションは勝率が高い。しかし行使価格に届いたらオプション売建は日経225先物ラージ1枚と同等の含み損を喰らうのだから致命傷で済めば運が良いとさえ言えるでしょうね (o^-‘)b

オプション売建10枚とか行使価格に届いて踏まれたら数千万くらいの借金は覚悟しないと逝けませんょヽ(゚◇゚ )ノ

たとえ行使価格に届かなくても期待できる利益は少ない。高勝率で自分にとって有利な取引できるが枚数を増やさないと利益が少な過ぎるのが哀しい

アウト・オブ・ザ・マネー売建を裸で組む無謀なギャンブラーは多い
まぁ~勝率が高いから利益を積み上げて逝けるからだろうな?

そんな輩は行使価格に届くほどの値動きで破滅的な追証を喰らうでしょ?

普通の相場では安定した利益を確保できるのがオプション売建であり
ファンダ要素が激変して金融市場が混乱した時は確実に致命傷を負います

そうしたオプション売建のリスクに対応する為のオプション手法は
スプレッド系とか?カバード系とか?ストラドル系とかですよね (o^-‘)b

基本的な考え方はオプション買建の利益を確保しつつ
オプション売建でタイムディケイをカバーするのが普通だと思います

オプション売建の特徴と基本戦術とは ???

オプション売建は行使価格に届かないプレミアム価値を拾うのが基本です
行使価格に届いたオプション売建なんて存在価値ありませんょ~orz

オプション売建は常に時間的価値タイムディケイが味方なので
タイムディケイによる損失を軽減させるリスクヘッジに最適です

合成ポジションを組むと実感できますょ~orz

ちなみに積極的にオプション売建で利益を追い求める時は
金融市場の値動きが安定しているレンジ相場を狙いましょう \(^o^)/

レンジ相場とオプション売建の相性は抜群ですょヽ(゚◇゚ )ノ

こんな時に有効なオプション手法は
ショートストラドルとか?、ショートストラングルとか?こんな感じかな?

オプション売建が高勝率なのは常に時間的価値が味方だからだと思います
それと現値との離れ具合でプレミアム価格が膨らむからだね (o^-‘)b

まぁ~その分オプション買建は低勝率な訳だがなw

オプション売建の注意事項!

オプション買建と違って、オプション売建は最低必要証拠金の増減が激しい急騰リスクのパラメーターIVが原因で最低必要証拠金が激しく増減します

行使価格に届きそうな時も最低必要証拠金が大きく増えます。オプション買建はリスク限定だが、オプション売建はリスク無限大なんですょ~orz

ちゃんとリスクヘッジして損失限定の合成ポジを組んどけば問題ありません

行使価格に届いたオプション売建は日経225先物ラージ1枚と同等のリスクを負います。しかも期待できる利益はプレミアム価格のみという理不尽さ

オプション売建は購入した時のプレミアム価格が最大利益というデメリットありますが、常に時間的価値シータが味方なので必然的に勝率が改善します

もしも行使価格に届いてイン・ザ・マネー売建になった時は、買い板なくて損切れない状況も多いです。イン・ザ・マネーの取引は基本的に板が薄いので損切りが困難な場合が多いから困ります。そんな時はオプション買建で損失を固定してSQまで持ち越し強制決済しましょう ∩(´∀`)∩

まぁ~板が薄くてオプション売建を損切れない時は
オプション買建、日経225先物ラージ買建どちらかで損失固定だわな

注意事項をまとめると予想レンジを間違えた時は素直に手仕舞い (o^-‘)b
損切らないと日経225先物ラージと同等のリスクを受け止める事になる

サブコンテンツ

このページの先頭へ