カバードプットの使い方 \(^o^)/

■ カバードプットで合成ポジションを組んだ場合 (o^-‘)b
日経225先物ラージ売建1枚、OTMプットオプション売建1枚

これが基本形であり日経225先物ラージ売建の最大利益を確定させる事でプットオプション売建のプレミアム価格を狙い撃つ感じかな?

株価が暴落すると思ったら日経225先物ラージ売建とOTMプット売建を同時に組むと多少の上昇はカバーできるでしょう \(^o^)/

もともと日経225先物ラージ売建の含み益を利益確定したくない時に
プットオプションを売建てる事で上昇リスクをヘッジする手法です

日経225先物ラージ売建が含み益だが、まだまだ下落するから手仕舞いたくない時に予想される下値に近い行使価格のプットオプションを売建てる事でプレミアム価格を狙い撃つ裁定狙いのオプション手法でもある (o^-‘)b

SQまでの間は想定した下値で停滞すると思うけど
下落トレンド継続中だから使う感じだょヽ(゚◇゚ )ノ

カバードプット期待値 (o^-‘)b

■ 下がり続けると思うが短期的には現値が大底だと感じる時

含み益がある日経225先物ラージ売建1枚、ATMプット売建1枚
デルタ ⇒⇒⇒⇒⇒ ニュートラル
ガンマ ⇒⇒⇒⇒⇒ ニュートラル
ベガ ⇒⇒⇒⇒⇒ ニュートラル
セータ ⇒⇒⇒⇒⇒ 強プラス【強+】

■ 下がり続けると思うが想定した下値で停滞すると感じる時

含み益がある日経225先物ラージ売建1枚、OTMプット売建1枚
デルタ ⇒⇒⇒⇒⇒ ニュートラル
ガンマ ⇒⇒⇒⇒⇒ ニュートラル
ベガ ⇒⇒⇒⇒⇒ ニュートラル
セータ ⇒⇒⇒⇒⇒ 弱プラス【弱+】

カバードプットの特徴 (o^-‘)b

デルタ、ガンマ、ベガはニュートラルなので考える必要は特にありません

セータは味方になりますが過度の期待は禁物ですょヽ(゚◇゚ )ノ
想定した上値を超えたら損切らないと含み益が減ったり致命傷を負うからね

予想した上値を超えず下値が割れない限り下落トレンドを追い続けられる合成ポジションです。下落トレンドの途中で比較的安全に回転取引して利益を上乗せできる初心者向けのオプション手法だから積極的に練習してみよう

サブコンテンツ

このページの先頭へ