コールオプション売建について説明しよう \(^o^)/

コールオプション売建とは決められた期日に
日経225先物を決められた価格で買建する権利を売建する事です

もちろん日経平均が行使価格に届いた時は日経225先物ラージ売建と同等の損失を被るリスクに晒されます。最大リスク無限大なのに最大利益はプレミアム分だけという理不尽さ ( ..)φメモメモ

コールオプション売建の最低必要証拠金は、日経225先物ラージをポジるのに必要な証拠金から未決済オプション取引代金を引いた金額だから値動きが乱高下するとボラティリティIVが上昇して最低必要証拠金が増えて追証が発生する可能性を常に考慮しないと破綻するから恐ろしいですね (o^-‘)b

それでも行使価格に届かなければ勝利確定だからね (o^-‘)b

行使価格に届いたら日経225先物ラージと同じリスクを背負うのがコールオプション売建のデメリットです。つまり適切にリスクヘッジしないと想定外の追証で致命傷を負うでしょう多分ね (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

SQが近くなると必然的に時間的価値は加速度的に減少するのでタイムディケイが増大します。残存日数に比例してセータは強力な味方になるょ!

強力な味方であるセータを最大限に狙う手法それがショートストラドルです

ちなみにショートストラドルとは、ATMコール売建のデルタリスクを軽減する為にATMプットを売建する両建て合成ポジションになります

まとめるとコールオプション売建のリスクヘッジで注目するポイントは
時間的価値と損益分岐点の調整だと分かりましたね (o^-‘)b

コールオプション売建は行使価格にさえ届かなければ勝利確定だからなw

コールオプション売建の期待値 (o^-‘)b

デルタ ⇒⇒⇒⇒⇒ マイナス【-】
ガンマ ⇒⇒⇒⇒⇒ マイナス【-】
ベガ ⇒⇒⇒⇒⇒ マイナス【-】
セータ ⇒⇒⇒⇒⇒ プラス【+】

コールオプション売建の特徴 (o^-‘)b

デルタはマイナスなので日経平均が下落したらプレミアム分だけ利益が期待できます。もちろん上昇したら、その分だけ損失になるょヽ(゚◇゚ )ノ

ガンマはマイナスだから日経平均が下落すると味方になります

ベガはマイナスなのでボラティリティIVが低水準の方向に動けば味方になります。もしもボラティリティIVが高水準の方向に動けば強敵になる

時間的価値であるセータは常に味方になりますが
セータに負けない強さで日経平均が上昇すると損失が発生します

ボラティリティIVが高水準にある場合は
時間的価値セータが強力な味方になるから爆益ですょヽ(゚◇゚ )ノ

ボラティリティIVが低水準の時にレンジ相場だと感じた時こそ
コールオプション売建の仕込み時だと理解しよう \(^o^)/

コールオプション売建の危険性と仕掛け時 (o^-‘)b

コール売建は突発的な事件や自然災害が原因で瞬殺される危険性は少ない

値動きが穏やかに推移する相場状況ならボラティリティIVは低水準で推移しやすい。なんらかの理由で急激に上昇した場合はボラティリティIVが高水準になるから素直にセータ狙いの合成ポジを組むと良いでしょう

コールオプション売建の行使価格に届いてから考えるのは頭が悪いと思うが
損切りを考える時間や猶予リスクヘッジなどを決断できる余裕はあるはずw

プット売建よりは安全なので相場観に自信あればリスクヘッジ必要ない
相場観に自信ない人は必ず合成ポジションを組んで裁定する事!

コールオプション売建の合成ポジションはセータ狙いに特化しているから
レンジ相場で値動き推移してる限り安定した利益が期待できます

コール売建はプット売建と違って瞬殺されませんょヽ(゚◇゚ )ノ
天井だと判断した時こそ、コールオプション売建の仕掛け時です

裸でコールオプション売建するのは愚の骨頂であると心得よ
必ず合成ポジションを組んでリスクヘッジする事を忘れないで下さい

サブコンテンツ

このページの先頭へ