証拠金取引の注意点と追証の危険性!デリバティブ金融派生商品は、ギャンブル性が高い危険なハイレバ金融商品

証拠金取引するタイプの金融商品すべてに言える事 (o^-‘)b

原油や金などのCFD各種、日経225先物、為替FXの証拠金は
損切り時の損失に対応する為の金銭だと考えるべきでしょう

最低必要証拠金より口座残高が少なくなった時点で追証となります
強制ロスカット発動するかどうかは業者によって違うので確認して下さい

急激な値動きによってプライスダウン、そして突然ワープした場合、とんでもない値段で強制ロスカット発動するから、アホみたいな金額の追証が発生するので要注意だょヽ(゚◇゚ )ノ

ちなみに追証とは自分が組んでるポジションの最低必要証拠金より口座残高が少なくなったら、決められた期日までに足りない分だけ追加入金する事!

なのでFX口座の証拠金不足で追証になるようでは永遠に勝てません
常に最悪の相場状況を想定して資金管理を心掛けましょう

証拠金取引の金融商品は大暴落での追証に対応できるよう十分な資産が必要だと分かりましたね (o^-‘)b 資金管理できない奴は退場予備軍だょ!

スイス中銀『対ユーロ上限の撤廃』2015年1月15日『木』

スイスの中央銀行は今まで頑なに守り続けた
EUR/CHF1.2防衛ラインを突然撤廃しました

数日前には断固として防衛ラインは守り通すと
スイス中銀の総裁が宣言していたのに、どうしてこうなったw

スイス中銀が対ユーロ上限を撤廃した事で歴史的な大暴落が発生しました
おそらくユーロ圏の追加緩和が逝き過ぎてる事が原因なんだろうなぁ~orz

一夜にしてイギリスの大手FX業者を破綻に追い込む騒ぎとなり
多くの個人投資家が粉々に散りましたょヽ(゚◇゚ )ノ

この時、スイスフラン円のポジションを持っていたと仮定して考えてみよう

2015年1月15日『木』18:00
スイスフラン円117売建30枚だったと仮定してみたょ~orz

30分後の18:30に、スイスショック発生で急激な値動きしたったw

1時間後の19:00までプライスダウン、スイスフラン円135まで突然ワープして理不尽な値幅18円分の強制ロスカットで死亡確認、しばらく時間調整した後ジリジリ上昇中もう笑うしかない相場状況なんだなw

この時点で含み損540万円ですかそうですかぁぁあああ

強制ロスカットが機能しないほどの急激な変動だった為
はるか成層圏で強制決済された被害者は多い

つまり30枚ポジション組むと最低必要証拠金は約150万円だけど、追証540万円だと言う事です。まさしく天国から地獄って感じだなぁ~orz

こういう突発的な緊急事態は数年に1回あるかないか交通事故みたいな感じですが、取引量とか流動性に関係なく、デリバティブ金融派生商品の取引はハイリスクだと認識しましょう。そのうえで低レバレッジ運用しながら資金管理を徹底する為に豊富な資金が必要だと思います

為替FX低レバレッジ1枚くらいの資産運用なら
1円パチンコ感覚で勝負できるのですょ~orz

日経225先物オプションの危険性 (o^-‘)b

私が資産運用しているIG証券の指数先物CFDレバレッジは約25倍です

松井証券で日経225先物miniを1枚買建てると言う事は
日経平均×100倍を1枚買建てる事と同じです

つまり日経平均15000円なら25倍レバレッジで
約150万円の先物miniを1枚買建てたと言う事ですょ~orz

IG証券なら最低必要証拠金15万円くらい必要であり
維持率100%以下で追証となります

さらに維持率50%以下で強制ロスカットされますがねぇ~orz

松井証券なら最低必要証拠金7万円くらい必要であり
不足した証拠金の分だけ追証かかります

たとえば2013年5月23日の場合
日経平均が15900円から14000円に大暴落しました

値幅は1900円の大暴落、日経225先物mini1枚で考えると
19万円の損失となり破産街道まっしぐら \(^o^)/

たった1枚でも19万円の損失なのだから
もしも10枚くらい買建していたら損失190万円で人生おわるょ~orz

サブコンテンツ

このページの先頭へ