ロングストラドルの使い方

ロングストラドルはATMコールとATMプットの両方を買う合成ポジであり、ブレイクアウトを狙い撃つ手法です。OTMコールとOTMプットの両方を買う合成ポジをロングストラングルと言います。ロングストラドルより最大損失が少ないだけで用途は同じです

ロングストラドルは長期戦に弱いが期待値は激高である。そして株価が乱高下すれば裁定取引もしやすい。ロングストラングルはアウト・オブ・ザ・マネーのコールとプットを買う両建て合成ポジだから、タイムディケイを軽減できるけど勝率は下がるので、その分だけ難易度が上がる

荒れた相場で真価を発揮するロングストラドル ^^) _旦

デルタ特性、ガンマ特性、ベガ特性など、すべての特性を最大限に活用して急上昇と大暴落どちらに動いても爆益になる美味しいオプション投資法です。値動きしなければ致命傷ですが……

突発的なブレイクアウト要因……たとえば、戦争、テロ、自然災害が発生したとか、金融不安や要人発言など株価が大きく変動すると思われる時こそ、ロングストラドルが有効なのです

金融市場でリスクオフが意識されると株価は乱高下しやすく、天井や大底でオプションの売建を追加できるので爆益になる合成ポジを構築できます。株価が乱高下しなければタイムディケイの分だけ含み損が増え続けます。プレミアム価格が最高点に達してるATMオプションで両建てる合成ポジだから最低必要証拠金も高く、その分だけ時間的価値の減りも激しいのだ

だからこそ、ロングストラドルを組んで上がったら天井でコール売建を追加してブルコールスプレッドにする。下がったら大底でプット売建を追加してブルプットスプレッドにする。逝って来い相場で天井コール売建と大底プット売建で結果的にショートバタフライとかね (o^-‘)b

ロングストラドルを組んで上がった所でショートストラドルを組むと、ブルコールスプレッドとベアプットスプレッドの合成ポジになる。逆に下がった所でショートストラドルを組むと、ブルプットスプレッドとベアコールスプレッドの合成ポジになるもんな ( ..)φメモメモ

ロングストラドル具体的な裁定取引いろいろ

ATMコール買建1枚とATMプット買建1枚のロングストラドルを組んだ場合、上がった所でATMコール売建2枚とATMプット売建1枚とOTMコール買建1枚を追加すると、結果的にレシオコールスプレッド、ベアコールスプレッド、ベアプットスプレッドの合成ポジションが完成します。もしも上記の合成ポジを組んだ後に暴落した場合は、下がった所でATMプット売建2枚とATMコール売建1枚とOTMプット買建1枚を追加すると、結果的にレシオプットスプレッド、ベアプットスプレッド、ベアコールスプレッドの合成ポジが追加されます

結果的に、ロングバタフライ、ショートバタフライを組んじゃった感じかな? ややこしいけどSQまで持ち越す前提の裁定取引だと思って下さい。もちろんロングストラドルを組んだ後に上がっても、合成ポジションを組まずに利益確定するのも選択肢の一つですょヽ(゚◇゚ )ノ

サブコンテンツ

このページの先頭へ